無添加の高級トマトジュースに使用 南郷トマトの特徴とおすすめの飲み方 ギフトは通販で

無添加の高級トマトジュースに使用している南郷トマトは、福島県の南会津町を中心に生産されているブランドトマトです。南郷トマト100%ジュース 夏秋 オンラインショップの「夏秋」には、栽培方法やバランスのいい味わいにこだわった南郷トマトの魅力が詰まっています。

こちらでは、南郷トマトの特徴と無添加・高級トマトジュースのおすすめの楽しみ方をご紹介いたします。通販で手軽に購入可能なため、ギフトとしても喜ばれています。ぜひ一度、味わってみてください。

南郷トマトの特徴

三個のトマト

こちらでは、無添加の高級トマトジュースに使用している南郷トマトについてご紹介いたします。

南郷トマトの誕生

南郷トマトは「桃太郎」という品種で、福島県の南会津郡下郷町・南会津町・只見町などで生産されている、地域団体商標とGI認証を受けた地域ブランドです。昭和37年に旧南郷村(現在の南会津町南郷地区)で初めて栽培が行われたため、発症の地である南郷村にちなんで「南郷トマト」と名づけられました。

57年という歴史を持ち、日本でも古い夏秋産地として、市場からも厚い信頼を得ています。指定野菜産地として年間約3,000トン・販売額約10億円を誇り、夏から秋にかけて関東などへのトマトの供給を安定して行う役割を担っています。

南郷トマトの栽培環境

南郷トマトが生産されている南会津地域は、福島県の中でも標高が高く冷涼な気候で、夏の昼夜の気温差が大きく、昼暖かく夜は涼しいことが特徴です。昼は生育が進む温度帯(25℃〜30℃)で、夜はトマトがゆっくり休み養分を果実に蓄えることで、それがうま味に繋がります。

夜の温度が30℃を超えると、せっかく蓄えたうま味などの養分が呼吸により消費されてしまいます。南会津地域は山々に囲まれた冷涼な気候と、清らかな水が豊富にあるため作物が生き生きと育つ環境なのです。このような厳しくも恵まれた環境の中でブランドを確立するまでには、行政や農協、地元の生産農家が一丸となって努力した背景があります。

南郷トマトの基準

南郷トマトは、決められた栽培管理のもとで育っても、光センサーや選果人の厳しい検査で、南郷トマト独自の規格基準に達したものしか南郷トマトと名乗ることができません。現在、南郷トマトは減農薬・減化学肥料で栽培されており、この徹底した栽培管理と品質基準が南郷トマトの質の高さと市場での高評価につながっています。

「南郷トマト」の味わい

「南郷トマト」はグルタミン酸という「うまみ」成分を比較的多く含んでいます。糖度が高く、身が引き締まっていて味が濃いことが特徴です。そのため、「南郷トマト」を100%使用した、南郷トマト100%ジュース 夏秋 オンラインショップの「夏秋」は甘味と酸味のバランスがいい、素材本来の贅沢な味わいを楽しむことができます。

「南郷トマト」は、食べていただくお客様の立場で考え、高い品質にこだわった生産を行っています。気温が上昇する前に早朝から収穫を行い、できるだけ果実の品温を上げないように努め、選別後は雪室(ゆきむろ)へ格納したあと果実の温度を10℃〜13℃までしっかり下げて出荷されます。

この出荷の状態まできた「南郷トマト」を、南郷トマト100%ジュース 夏秋 オンラインショップが直接引き取り、収穫後から3日以内に前処理を行ったうえで-18℃の冷凍庫へ貯蔵しています。その後、一連の工程で、丁寧にアク取りを行いながら一つ一つ雑味が無いよう手作りしているため、高級トマトジュース「夏秋」はトマトが苦手な人でも飲みやすい味わいに仕上がっているのです。

塩分不使用の無添加のため、健康志向の方にもおすすめです。通販でお買い求めいただけますので、ぜひ一度お試しください。

ギフトにおすすめ!高級トマトジュースの使い方

トマトジュースとトマト

通販で手軽に購入でき、ギフトにも喜ばれている高級トマトジュースは、そのまま飲むのはもちろん、さまざまな楽しみ方があります。今回は、無添加・高級トマトジュース「夏秋」のおすすめの使い方や飲み方をご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

そのまま飲み物として味わう場合

一番のおすすめは、やはりそのまま飲んでいただくことです。より素材本来の味を楽しむなら常温がおすすめですが、夏の暑い時期は冷やした方がよりおいしくいただけます。

また、雑味を徹底して取り除いているため、ビール・焼酎・炭酸割りなど、さまざまな飲み物と合わせることができます。

料理のアレンジに

  • 冬の寒い時期には、ポン酢と合わせてお鍋のつけダレにしてみてください。
  • お味噌汁の出汁の代わりとして、小さじ1杯を入れるとコクが生まれます。
  • 夏秋をスープカップやマグカップに注ぎオリーブオイルを小さじ1杯入れて、レンジで温めるだけで完成です。お好みで塩・コショウ・バジルを追加してもおいしくいただけますので、自分のベストレシピを探し当ててみてください。
  • 地元福島県南会津西部地区では、羊(地元では?マトン”と呼ぶ)のお肉をしゃぶしゃぶでいただき、そのつけダレにしたり、お鍋のシメに夏秋を注いで贅沢なおじやにしたり、うどんを入れて最後の〆のレシピとして楽しんでいます。
  • 牛乳と夏秋を合わせたシリアルも手軽でおすすめです。世代を問わず朝食にいかがでしょうか。

トマトジュースが苦手な方に

トマトが苦手で、ジュースを敬遠してしまう方もいらっしゃると思います。そんな方は、オレンジジュースや豆乳を入れて味をまろやかにしてみてください。夏秋は元々甘味と酸味のバランスがよく、くせが少ないため、よりさっぱりしたジュース感覚で飲みやすくなります。

ミネストローネやトマトスープでトマト缶やトマトピューレの代わりに夏秋を入れてみるのもおすすめです。

アレンジの注意点

無添加の高級トマトジュース、夏秋は夏トマト(7月〜8月)と秋トマト(9月〜10月)と使用する原料を収穫する季節によって味わいが変わります。素材の味わいを最大限に引き出すため、その両者のトマトを当社オリジナル黄金比でブレンドしておりますので、トマトジュースのアレンジの際は使い分けが必要です。

スタンダードな夏秋は、比較的幅広いお客様に喜んでいただけるよう夏トマトと秋トマトを黄金比でブレンドして製造しています。スタンダードな夏秋はどんな料理・組み合わせでも合いますが、夏の夏秋は、甘酸っぱいパンチの利いた味わいでソースづくりや出汁の代わりとして使うのがよいかも知れませんし、秋の夏秋は糖度が高いため、ソースや出汁の代わりに使うには向かないかもしれません。

通販で無添加・高級トマトジュースを購入するなら南郷トマト100%ジュース 夏秋 オンラインショップへ

通販で無添加の高級トマトジュースをお探しの方は、南郷トマト100%ジュース 夏秋 オンラインショップの「夏秋」がおすすめです。こだわりぬいた独自の製法で、一つ一つ手作りしているため、大量生産ができません。

その分、他のトマトジュースにはない南郷トマト本来のうまみを引き出した贅沢な味わいをお楽しみいただけます。お好みに応じて多種多様なアレンジができるのでギフトにも最適です。ご購入は、南郷トマト100%ジュース 夏秋 オンラインショップをご利用ください。

無添加の高級トマトジュースを飲んでみたいとお考えの方は南郷トマト100%ジュース 夏秋 オンラインショップへ

会社名 株式会社 食農価値創造研究舎
サービス名 夏秋オンラインショップ
運営統括責任者名 近藤一夫
住所 〒967-0611 福島県南会津郡南会津町山口村上812
電話番号 0241-71-8688
メールアドレス info@kasyu.shop
URL https://kasyu.shop/
お客様の声